写真を現像する際にLightroom ClassicとPhotoshopの使い分けがよくわからない、なんとなく使っている方はいませんか?そんな悩みを解決する風景写真家 斎藤朱門氏によるLightroom ClassicとPhotoshopの効率が良く使い分けるためのTipsをご紹介!

本動画では、基本的な調節の仕方から、Photoshopを使ってより高度で高品質に仕上げられる方法が盛りだくさんの内容になっています。

ポイント

– キーワード –

風景/レタッチ/現像

– おすすめ –

風景レタッチ初心者

– コンテンツ –

動画(約50分)

– 推奨環境 –

視聴環境/PC推奨

できるようになること

  • Lightroom ClassicとPhotoshopの使い分けが明確になる

  • 風景写真のレタッチにおける基本的な調節の仕方が理解できる

  • Photoshop初心者でもレタッチできるようになる

  • レタッチが楽しくなる


クリエイター

風景写真家

斎藤朱門

斎藤朱門


2013年、あるランドスケープ・フォトグラファーとの出会いがきっかけで、自身もカメラを手に取り、風景写真を撮り始める。海外での活動中に目にした作品の臨場感の素晴らしさに刺激を受け、自らがその場にいるかのような臨場感を出す撮影・レタッチテクニックの重要性を感じ、独学で風景写真を学び始める。自身がその時見て感じた自然・風景の素晴らしさを、自身の作品を見てくれる人々にも同じように伝えたい…その想いから現在も日本のみならず海外へ訪れ、精力的に自然を撮り続けている。 カメラ誌や書籍での執筆、ヒーコ等を通じて自身で学んだ撮影方法やRAW現像・レタッチテクニックを公開中。  

コメント

普段、Lightroom Classicを使ってるけど、Photoshopは難しいし、あまり使ってないという人も多いと思います。Photoshopは自由度が高い分、少し敷居が高いイメージがありますが、風景写真の現像、レタッチに絞ればそれほど多くのことを覚える必要はありません。

この動画ではLightroom ClassicとPhotoshopをそれぞれをどう使い分けるか、Photoshopで風景写真の調整・レタッチを行うにはどうすれば良いかという点を中心に、今までPhotoshopに苦手意識があった方にも分かりやすいように説明しています。

この動画を見れば、レタッチレベルがグッと上がること間違いなし!

目次

  • Lightroom ClassicとPhotoshopを使用するときのLightroom Classicの役割

    Lightroom ClassicとPhotoshopをどう使い分けるのが効率が良く、まとまるのかを解説。

  • Lightroom Classicでの調節 

    Photoshopで調節する前に整えておきたい基本調節の仕方をご紹介。

  • Photoshopに移行する前にしておきたいこと 

    Lightroom ClassicからPhotoshopを開くときに知っておきたい設定とは?

  • Photoshopでの調節 

    Photoshopも使うことで、より高度で高品質に仕上げられるテクニック。

  • PhotoshopでLightroom Classicのツールを使う方法 

    Lightroom Classicを再調節したり、photoshopの機能と併用することができるコツ。

本編の内容をチラ見せ♩

風景写真RAW現像・レタッチ攻略ガイド!ここは押さえておきたいLightroom ClassicとPhotoshopの基礎


¥3,500¥3,000
風景写真RAW現像・レタッチ攻略ガイド!ここは押さえておきたいLightroom ClassicとPhotoshopの基礎

\ ここがポイント /

  • 風景/レタッチ/現像

  • 動画(約50分)

  • レタッチ初心者にもわかりやすい

※ ご購入後のキャンセルはいたしかねます。

関連記事

Lightroom Classic CCとPhotoshopでのRAW現像・レタッチが効率的になる便利なTIPS

 

これが知りたかった!風景写真チュートリアル。

PhotoshopでLightroomの機能を最大限活用するテクニック

 

関連商品

輝度マスクを使いこなすためのレタッチ攻略ガイド

 

風景写真の編集からSNS投稿時の書き出し方まで!

星空に特化したLightroom・Photoshop 朱門式現像ガイド

 
トップページに戻る