フレアの調理方法を提案する、黒田氏が2018年に限定公開したPSDデータを商品用に改良してリリースしました。

わざとらしくなく、かつ大胆でドラマチックなスポットライトの表現方法がわかります。 光と影を意識し、それぞれを強調する方法と、色の組み合わせ方でみるみる変わるテクニックが詰め込まれたPSDデータになっています。

巷でよく見るフレア写真を、このPSDデータを応用して一歩踏みこんでオリジナリティのある表現を加えてみてはいかがでしょうか。

ポイント

– キーワード –

晴天/ポートレート/フレア

– おすすめ –

フレア写真のレタッチの悩みを解決したい方

– コンテンツ –

レタッチデータ 

 (psd)

– 推奨環境 –

Adobe Photoshop CC


※「1日の出来事をドラマチックな仕上がりにしてくれるデータセット」に含まれているレタッチデータです。

※ ご購入後のキャンセルはいたしかねます。

内容

※ 黒田氏が限定公開していたデータを商品用に改良したものです。 (2018年5月公開分) 

「光と影を繊細に作り上げる」レタッチデータ。

「1日の出来事をドラマチックな仕上がりにしてくれるデータセット」に含まれている、レタッチデータです。

昼間の太陽の光を、ドラマチックに。

光の広がりを絞り、フレアの彩度や色相の調整をすることによってドラマチックなスポットライトに変化します。 

※ 「1日の出来事をドラマチックな仕上がりにしてくれるデータセット」に含まれるレタッチデータです。

レタッチデータ・プリセットのご利用方法

推奨環境

  • Adobe Photoshop CC

光と影を繊細に作り上げるレタッチデータ


$19.00
光と影を繊細に作り上げるレタッチデータ

\ ここがポイント /

  • 晴天/ポートレート/フレア

  • レタッチデータ (psd)

  • フレア写真のレタッチの悩みを解決したい方におすすめ

※こちらは「1日の出来事をドラマチックな仕上がりにしてくれるデータセット」に含まれているレタッチデータです。

※ ご購入後のキャンセルはいたしかねます。

お得なセットを購入する

1日の出来事をドラマチックな仕上がりにしてくれるデータセット


Special price

$78.00$66.00

クリエイター

ポートレートフォトグラファー

黒田明臣

黒田明臣

Total follower 53000

1983年生まれ。東京都出身。国内外SNSやコンテストを中心とした作家活動から商業写真家へと転身。広告写真や雑誌、ビジネス写真を中心に活動中。ポートレートやライティングを好み、パーソナルワークも精力的に行っている。新世代のフォトグラファーとしてWEBやSNSの活用、コミュニティマーケティングを推進。SNSに強いビジュアル政策、クリエイターマネジメント、メディア運営を主事業として株式会社ヒーコを立ち上げ。同社代表取締役。コミュニティプロデューサー、エンジニア・ディレクターとしてキャリアパス形成に向けて右往左往するプライングマネージャー。 

関連記事

意外とかんたん!アクションとは?Photoshopでアクションを作って効率化する方法!

 

神は細部に宿る!Photoshop&Lightroomを駆使した、印象がグッとよくなるレタッチ術4選

 
トップページに戻る